2017年08月04日

紫外線カットとサングラス

いつもありがとうございます、三代目松田です

いよいよ甲子園が始まります。 盛岡付はどこまでいくんでしょうか???
ぜひワクワクする戦いを見せて欲しいです。

今回は、応援席や選手着用でも話題の『サングラス』についての個人的見解

眼鏡屋の私からすると『紫外線カット』『サングラス』はまったく別問題
glasses.png

紫外線カットは、眼病の原因となる紫外線から眼を守るもの
透明でも紫外線カットは入っています。 
車のフロントガラスは紫外線カットされている。と知っている人は多いですが、眼鏡で透明なレンズで紫外線カット出来ると思われていないのは、情報発信不足なんでしょうか・・・
また、色の濃いサングラスだと瞳孔が開いて・・・という意見もありますが、
反射の紫外線なんて微々たるもの、蛍光灯からの紫外線と同じくらいでしょうか。

サングラスは、眩しさから眼を守るのも
眩しさは、疲れなどの原因となります。 眩しいから病気になることはあまりないと思います。


なので、『子供の健康を守るためにサングラスを!』という意見を聞くと???
本当に分かっているのか、と考えます。 
単純に海外でサングラスをしているから日本も、と思っているだけなような。
日本より、ガラスレンズ(紫外線カット小)が多い 
プラスチックでも紫外線カットがされていない(一部) (日本では90%以上)
黒目ではないから、眩しさに弱い
気候が違い、晴れの日が多い
などの理由で、サングラスをしている

日本では、など様々な天候があります。ご存知だと思いますが、曇りでも紫外線はある程度降り注ぎます。
ということは、健康を守るためには透明な眼鏡が一番
見た目の印象もOK

ただ、眩しいことには変わりはないので、
屋外活動の効率UPのためにはサングラスが絶対にあったほうがいいです。
ぜひ、甲子園で球児が、プロ選手のように質の高いプレーをするためにサングラス着用が一般的になれば
いいと思います。
posted by toshi at 12:25| 岩手 ☁| Comment(0) | としきのメガネ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: